Category Archives: もっと転職が普通のことと認識される世の中を目指して

転職はまず気持ちのリセットから

皆さんはどんな時に転職を考えるでしょうか。
十人十色でその人一人一人にそれなりの理由があると思います。
ある人は給料面の不満であったり、ある人は仕事の評価であったり、またある人は人間関係であったり、やり甲斐であったりと様々な理由があることでしょう。
本来なら今の会社で問題点を解決して勤務を継続できることが良いと思うのですが、どうしても無理と判断したら、早めに転職するのも良いと思います。
ストレスのために心を病んでしまったり、トラウマになり立ち直れなくなったのでは元も子もありませんからね。

では転職に際して何に気をつければ良いのでしょう。
それはまず一度自分の気持ちをリセットする事だと思います。一から始める再スタートなのですから、前職の負の部分を引きずったままだと上手くいくものもいかなくなります。
新人に戻る訳ですから素直な気持ちを持って、また誠意を持って真摯に新しい仕事と向き合わなければならないのです。

転職することで、様々なメリットを得る可能性があります。逆に言うと、メリットがないのならば、転職をする意味はありません。しかしそのメリットというのは、給与が上がる、残業が減るなど、人によって求めることが違う以上、そのメリットの内容も変わってきます。では実際に転職した人たちは、具体的にどのようなメリットを得たのでしょうか?
出典:転職のメリットを紹介/正社員転職エージェントおすすめランキング

経験を生かす事は大切ですが、自分流の押しつけは反感をかいます。
新しい職場で実績を積むまでは認めてもらえないし仲間と認識してもらえません。
何でもやります、という気構えを持って仕事に向かえば理解者はどんどん増えていくはずです。

謙虚に仕事に取り組んで転職を成功させてください。

転職について

仕事をしていると、なかなか上手く行かないときがありますよね。
人にはそれぞれ、適正という物がありますから場合によっては
転職をすることは効果的ではないでしょうか。

手先が器用な人、文字を書くのが得意な人、話すのが得意な人と
言うように人の得意分野は様々なのです。
仕事は実際にやってみるまで、詳しい内容は分かりません。
ですから、やはり内容が合わないという事もあるでしょう。

不器用な人が木を彫って熊を作ることは出来ません。
どんなことにも才能は関係あります。
もちろん、業界のトップを目指すのでなければ努力は報われます。
しかし、人はどうしても上に行きたいと思ってしまいます。
そんなときは自分の向いている業界へ進んでも良いでしょう。

でも、今やっている仕事が自分と合っているかどうかは
少なくとも一年は今やっている仕事を継続してみないと
分からないのではないでしょうか。

転職をするなら、自分の事が分かってきてからで良いのではないでしょうか。そして、自分の事が分かってきたら転職をしましょう。

仕事はものすごく難しいものではありません。
自分の能力に見あったものを選べば良いのです。
転職をして、自分の理想の職場に出会えると良いですね。

ブラック企業から逃げ出すこと

私が転職をした理由は、甘えているかもしれないのですが「思っていたのとは違う仕事ばかりをやらされた」からです。もちろん仕事だから、自分のやりたいことだけをやれるわけがないというのは分かっています。それに、新人として入職したときには与えられるすべてのことが勉強であるというのもわかっています。

だから、私自身も自分が甘えているということを自覚して踏みとどまろうとしたけれど無理でした。特に私は国家資格があるので、その資格を生かした仕事だと思い応募したのです。

もちろん面接でもそのようなことをしてもらうという話だったので、不安もあったけれどわくわくしたのを覚えています。しかし、与えられる仕事は雑用ばかり。
資格がなくてもできることばかりだし、ただ古くからいるというだけの理由で専門的な勉強をしていない人が威張って指示をしていましたね。その指示も筋が通っていたのであればいいのだけれど、まったくそうではないのがため息がでる思いでしたね。

また、私は面接のときに家の都合で必ず休みたい曜日を伝えていました。そのことを了承していただいた上で採用していただいたんです。わがままなのはわかっていますが、シフトをみればその曜日も当たり前に勤務。
こんなおかしな職場からは早く離れたくて転職をしましたね。

転職したくてたまりません

私は、テレホンアポインターになりました。
様々な人と話をするのは楽しく、この仕事をしていく上で自分なりに努力をして勉強もしました。

始めてお客様とお話しする時は、かなり緊張しましたが、それもだいぶ慣れて、仕事もスムーズにできるようになってきました。

土日休みにこだわりはなかったので、休みも比較的自由に選べ、シフト制であることも性に合い、割と楽しく続けてきました。

ですが、そろそろ、違う職種を経験したくなってきました。

このまま長く同じ仕事をしていても、私はこの先成長があるのだろうかと思うのです。

ですから、今では気が付けば転職について考えています。
いきなり職をやめて仕事探しをするのは勇気がいります。
仕事をしながら、新たな仕事を探したいと思っています。

私は、前々からパソコンを使う仕事に興味があり、事務の仕事をしたいなと思い始めています。

パソコンの学校に通ったほうがいいのかなと考え始めています。

事務の仕事は、倍率が高そうで、私が今から受けて受かるのかも自信がありません。

ですが、新しいことを始めたいという気持ちがずっとあるので、できることから努力していきたいと思っています。
電話では結構うまくやりとりできますし、その点は長所かなと思います。

転職先の社風研究は怠りなく

「給与・待遇面の改善」「スキルアップ」「いま務めている会社への不満」など、さまざまな要因が重なり合って、転職を考える方が多いと思います。

その中で、転職先の企業を検討する際に最も大切なのは、転職先の社風。条件面が自分にあっていることももちろん大切ですが、いざ転職してみて壁にぶつかるのはこの点と言っても過言ではありまあせん。

ある程度のキャリアがある人が転職する場合、やはりある程度の権限や自由にものを動かせる環境があるのかどうか。社風は社長の考え方を色濃く反映しているので、「部下がものをいうことを嫌う」「命令されたことを着実にこなすことが重要」という会社の場合、キャリアを生かす仕事をこなすことはなかなか難しい現実があります。

そこをどう判断するかは、内定に至るまでの面接官の様子や、その企業に知り合いがいるならヒアリングをするなど、自分にあっているかどうかを見極めることが幸せな転職につながるといえます。

転職する理由について

転職するさいには何かしらの理由が存在します。面接の時には高い確率で転職理由を聞かれます。

その際に前の会社の悪口や不満を言わないことが大切です。実際には前の会社に対しての不満により退職するとしても、そのような理由を述べてもマイナスの印象につながります。

会社に対する不満は、転職先でも同じような不満を感じてしまうと、面接官は思うかもしれません。前の会社に対する不満だったとしても、もっと前向きな発言に切りかえ、アピールにつながることを話すと良いです。

企業のことを徹底的に調べ上げ、企業の魅力を述べたり、キャリアアップをはかるなど、前向きな発言は印象を良くします。明確な転職理由があるということは、目標にもなります。給料を沢山もらいたいことや、やりがいのある職場でやりがいのある仕事をしたいと考えているならば、そのために何をしたら良いのか考え、努力することが大切です。

アーティストから転職

私はアーティストとして生活をしていたのですが、その才能が皆無のようで誰にも才能を買ってもらえませんでした。
アーティストの道は諦めて真っ当に働こうかと思い立ち、転職を考え始めました。
私が卒業をした大学は一応大学ではあるのですがお金さえ支払えば誰でも入学ができて誰でも卒業ができる大学であり、転職において何の役にも立ちませんでした。
しかも、今までアーティストとして好きな時間に起きて好きな時間に遊んで好きな時間に寝ており、趣味がてらに作品を仕上げていた生活でしたので転職の際に、そんな生活をしていた人間は雇えないと却下される事が多かったです。
高望みはせずに誰でもできる仕事に転職をしようと、元アーティストの私は配送の仕事を希望し、めでたく転職をする事に成功しました。
アーティストのままですときっとその内売れなさすぎて行き詰っていたでしょうし、今は安定した給料が貰えているので幸せです。
転職活動をしていた期間は長かったのですがこうして無事にまともな会社に転職ができた私は、不況の現代においてとてもラッキーだと思います。

残業は皆無ですし給料はそれなりに貰えますし、休日もしっかりと設けられているので安心です。

若者の転職率が下がったわけ

最近の若い人たちの転職率は、昔に比べてだいぶ低くなっているようですね。

それをどう捉えるか?ということに関しては、大まかにいえば、二通りの考え方があるような気がします。

ひとつは、堅実な人が増えたという見方。仕事で嫌なことがあっても我慢して働き続けるという粘り強さや、一つの場所でコツコツ積み上げてゆくという頑張りを高く評価するという考え方です。

もうひとつは、仕事に対する情熱や探求心が薄れているのかも知れないという見方。やりがいを求めたり、ステップアップを考えたりせず、仕事はあくまでもお金を得るための手段だと考えて、割り切って働いている人が増えたのではないか?ということです。

実際どちらのパターンが多いのかは分かりません。ただ、新卒でもなかなか正規雇用での就職が難しくなってきた世の中で、若者に冒険しろと言うのは無理があると思います。

もっと景気がよくなれば、もっと仕事が選べたら、若者たちによってこの世の中は、良い方向に変わってゆくのでしょうに、あまりにも残念な現状だと思います。

「人間、守りに入ったら、人生おしまいだよ」が口癖の知人のチョイ悪オヤジに、「若者が守りに入らなきゃいけなくなるような時代を作ったのは、あなた達だよ?」と、ひとこと言ってやりたいところです。

難しい転職

私は、自分の転職について悩んでいます。現在の職業について、これ以上良い職場は無いと分かっているのですが、転職したいのです。やはり問題は、職場の人間関係です。現在は業種を問わず、幅広く面接を受けています。結果としては、非常に難しいです。かなり長い期間、職安も使っていますが、職安は私に向いていないようです。

転職は、もっと簡単に叶うと思っていました。甘い考えでした。世の中にニートが多いのは、気持ちが弱い人が多いだけだと思っていたので、それほど真剣にテレビのニュースを信じていなかったのが、5年前の私でした。

私の将来について、心配は絶えません。常に友人と情報交換していても、転職の成功例を耳にする事は少なめです。就職については、私は昔から、御縁が重要だと感じています。一度就いた職業は、簡単に辞めていけないはずなのですが、転職希望の気持ちも消えないのです。