転職先の社風研究は怠りなく

「給与・待遇面の改善」「スキルアップ」「いま務めている会社への不満」など、さまざまな要因が重なり合って、転職を考える方が多いと思います。

その中で、転職先の企業を検討する際に最も大切なのは、転職先の社風。条件面が自分にあっていることももちろん大切ですが、いざ転職してみて壁にぶつかるのはこの点と言っても過言ではありまあせん。

ある程度のキャリアがある人が転職する場合、やはりある程度の権限や自由にものを動かせる環境があるのかどうか。社風は社長の考え方を色濃く反映しているので、「部下がものをいうことを嫌う」「命令されたことを着実にこなすことが重要」という会社の場合、キャリアを生かす仕事をこなすことはなかなか難しい現実があります。

そこをどう判断するかは、内定に至るまでの面接官の様子や、その企業に知り合いがいるならヒアリングをするなど、自分にあっているかどうかを見極めることが幸せな転職につながるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>