若者の転職率が下がったわけ

最近の若い人たちの転職率は、昔に比べてだいぶ低くなっているようですね。

それをどう捉えるか?ということに関しては、大まかにいえば、二通りの考え方があるような気がします。

ひとつは、堅実な人が増えたという見方。仕事で嫌なことがあっても我慢して働き続けるという粘り強さや、一つの場所でコツコツ積み上げてゆくという頑張りを高く評価するという考え方です。

もうひとつは、仕事に対する情熱や探求心が薄れているのかも知れないという見方。やりがいを求めたり、ステップアップを考えたりせず、仕事はあくまでもお金を得るための手段だと考えて、割り切って働いている人が増えたのではないか?ということです。

実際どちらのパターンが多いのかは分かりません。ただ、新卒でもなかなか正規雇用での就職が難しくなってきた世の中で、若者に冒険しろと言うのは無理があると思います。

もっと景気がよくなれば、もっと仕事が選べたら、若者たちによってこの世の中は、良い方向に変わってゆくのでしょうに、あまりにも残念な現状だと思います。

「人間、守りに入ったら、人生おしまいだよ」が口癖の知人のチョイ悪オヤジに、「若者が守りに入らなきゃいけなくなるような時代を作ったのは、あなた達だよ?」と、ひとこと言ってやりたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>